【実食リポート】「福岡名物 あご出汁使用 とんこつラーメン 」スシロー大九州展

Real Report AD
スシロー

9月9日(水)からのスシロー麺メニュー、大九州展の「福岡名物 あご出汁使用 とんこつラーメン」を実食してきましたのでリポートします。

福岡名物 あご出汁使用 とんこつラーメン

席に着いた時からいい香り。

盛り付けが少し雑だなーという印象。

スープ

実食前はスープは万人に受けるようにとんこつ感抑え目で、あご出汁を効かせてくるのかなと思っていました。
スープが一番意外だったんですがまさかの粘度のあるポタージュ系でした。
味としてはあご出汁を感じるというよりはとんこつ感強めです。



麺にも意表を突かれました。
スシローの全粒粉の太麺でした。

最近では賛否両論 笠原シェフ監修「匠のまかない鶏ごぼうラーメン」にも使われていました。

個人的には博多ラーメンといえば細ストレート麺のイメージだったので少し悲しかったです。
細ストレート麺だとレーンで運んでいる間に麺が伸びちゃうんだろうなと想像。
あとは麺の種類が増えると調理スタッフさんの負荷も増えますしね、仕方ない。



具材

具材はチャーシュー(?)1枚、メンマ細2本と太2本でした。刻みネギと胡麻のトッピングもありました。

チャーシュー

メニューのチャーシューは丸い形でチャーシューライクですが今回のチャーシューというよりは豚バラの薄切りといった感じの見た目。

メンマ

メンマは普通のメンマで特徴はありません。

感想

食べ終えた感想としてはラーメンとしては美味しいんですが、大九州展のメニューで福岡名物と一般的に言われている細麺とんこつを思い浮かべてしまうのでギャップが生まれてしまうかと思いました。

濃厚なスープを太麺が結構絡めて連れてくるので、濃厚なパンチを食らいまくります。
途中で、高菜か紅ショウガを入れて味変をしたくなりました。

「福岡名物 やまや明太子高菜包み」の高菜を入れて味変をしました。海苔もラーメンのトッピングとして使えます。明太子が少しラーメンに足しても美味しいかもしれない。邪道かもしれませんが。。。。

紅ショウガ感を出そうとして卓上のガリを入れると、やはりというかなんというか美味しくなかったです。紅ショウガイメージで食べるとガリは甘すぎました。。。。

本記事の感想はあくまでも個人の感想ですので参考程度に考えていただけると幸いです。




大九州展のまとめはこちらからどうぞ

コメント

Copied title and URL