【実食レポート】スシロー2020年8月上旬フェアレビュー(8月5日(水)~8月23日(日)開催)

Real Report AD
スシロー

スシローで8月5日(水)~8月23日(日)の期間で開催されるフェアを試食してきましたので感想を報告します。


スシロー2020年8月上旬の裏フェアネタレビューはこちらからどうぞ。

今回のフェアの内容は

今回のフェアは「人気ネタ100円の夏大切りの夏」と銘うって開催されるフェアです。

100円の夏

普段は100円で食べることができないネタを100円で販売する企画であり、お得感満載のフェアとなっています。

中トロ(一貫)100円

普段は150円で販売されている中トロが期間限定で100円に。
大きさと見た目は普通です。むしろ見た目の脂感がないため、赤身と間違えたのかなと心配でした。しかし、食べてみると脂の部分と赤身の部分が混ざり合ってバランスが良いです。赤身の旨味を感じた後に脂が口の中で溶けだし、味の変化も楽しめることが良かったです。

隣の人が注文した中トロの方が大きかったなぁ。

活〆真鯛100円

こちらも普段は150円で販売されている真鯛が期間限定で100円に。
実は以前はスシローでは鯛が100円で販売されていました。安定供給や素材の品質を確保しお客様に満足していただくために「お値打ち皿(150円)」になりました。僕としては仲の良かった友達が転校してしまう感覚と同じでした。。。。いろんな意味で企業努力だと思います。
ですので今回の真鯛100円は「Welcome Comeback!!!!また仲良くしてね!」という感覚に近いです。
味に関しては旨味が強くて大満足。
個人的には醤油よりも塩やポン酢でさっぱりと食べるのが好きです。

大切りの夏

普段から食べることのできるネタを大切りで提供する企画。単純にシャリに対するネタが増えることになり、ネタの旨味を存分に味わうことができる。

大切りまぐろ

さすが大切り!シャリの上に乗っているのではなく、覆いかぶさっているという印象。味自体は普段のスシローのまぐろと違いはありませんが、単純にネタが大きくなっているためにマグロの旨味は感じやすかったです。

大切りまぐろは次のフェアでも販売されるため9月上旬まで食べることができる模様なのでぜひ。

ダブル大えび

実は今回のフェアで僕が猛プッシュしたいのがダブル大えび。
ただ大きいだけでなく一般的には新鮮でないとついてこない頭肉と呼ばれる部分の身もしっかりとついており、えびの香りと旨味を堪能することができました。

青丸で囲んだ部分が頭肉(頭肉がついているえびの身は貴重といわれています。)

茹でる段階でしっかりとえびに塩味がついているため、何もつけずに食べても美味しかったです。えびという素材を堪能できる一品。
いつもこのえびが100円で食べることができればいいのになぁ。

大えびの大きさ比較

レギュラーメニューのえびバジルチーズと比較を実施してみました。

でっ、、、でかい、、、まさかえびバジルチーズの1.5~2.0倍ぐらいあるとは。

大切りサーモン

今回のフェア中に何度かスシローに行きましたが、店舗やタイミングによってネタに差があったのがこの大切りサーモンでした。訪れた店舗やタイミング、提供された部分によって脂乗りに差があり、水っぽい印象を受けました。ただ身が分厚く歯ごたえがあり良かったです。
ぜひ召し上がる際は脂乗りを見極めたうえで食べていただきたいです。

まとめ

  • お得感!普段は100円で食べることのできないネタも100円に。
  • 旨味増幅!大切りによりシャリに対するネタの比率アップ。
  • 筆者の猛烈プッシュはダブル大えびを何もつけずに食べるのがおすすめ。

コメント

Copied title and URL